回復期リハビリテーション病棟とチーム医療

回復期リハビリテーション病棟Rehabilitation Ward

患者さんの早期自宅復帰・社会復帰を目指して!!

回復期リハビリテーション病棟とは、脳血管疾患や大腿骨頚部骨折などの患者さんに対して、ADL(日常生活動作)能力の向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的とした、集中的なリハビリテーションを受けることができる病棟です。医師、看護師、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などが共同で、それぞれの患者様に合ったプログラムを作成しリハビリテーションを行っていきます。

病棟での取り組み

回復期リハビリテーション病棟では、PT・OT・STの訓練以外にも、患者さん自身での自主訓練や、看護職を中心とした病棟内訓練、病棟レクリエーションを積極的に行なっています。
その他、季節に合わせてイベントの企画を行い、患者さんと一緒に楽しんでいます。

病棟内歩行訓練の様子

病棟レクリエーション

チーム医療Team Medical

診療部体制

当院には看護部・リハビリテーション部・コメディカル部などの職種の部制ではなく、みんな「仲間」だという思いを込めて「診療部」という組織体でチーム医療を実践しています。患者さん・ご家族・スタッフがチーム(仲間)になり、みんなが笑顔になれるよう頑張っています。

情報共有の重要性

チーム医療の実践では「情報共有」が重要であり、その一番のツールがカンファレンス(会議)です。医師、看護師、セラピスト、コメディカル、事務職を含めた多職種で一人ひとりの患者さんに質の高いリハビリテーション医療を提供するため治療、リハビリテーションについて協議、情報共有を行っています。

カンファレンスも医師を含めたチームで

多職種協働するチーム医療の中で、患者さまの一番近くにいる看護師はチーム医療をスムーズに進めるための連携役となる存在です。全員が発言し、参加するカンファレンスも当院の魅力です。

入院から退院までの流れFlow

入院が決まり次第、プライマリー・ナースを決定し、入院患者さんの対応をします。 プライマリー・ナースは受け持ち患者さんの看護計画を立案し、入院時カンファレンスを行います。入院から退院まで責任をもってケアを行います。 退院日が近づいてきたら担当リハスタッフと打ち合わせを行い、家族面談・患者説明の日程を決めます。 退院時には、退院サマリーを作成します。

入院が決まり次第、プライマリー・ナースを決定し、入院患者さんの対応をします。

プライマリー・ナースは受け持ち患者さんの看護計画を立案し、入院時カンファレンスを行います。入院から退院まで責任をもってケアを行います。

退院日が近づいてきたら担当リハスタッフと打ち合わせを行い、家族面談・患者説明の日程を決めます。

退院時には、退院サマリーを作成します。

トップページへ