当院の看護方針

看護方針Policy

  1. 訓練室のできるADLから生活場面の「しているADL」を獲得できるよう個別的なリハビリ看護を実践します。
  2. 全身管理を行い、効果的なリハビリが行えるよう他職種との調整役となります。
  3. 専門性を追求し安心安全な看護を提供するために看護職の教育、研修を推進します。
  4. 私たちは4つの わ を大切にします。
思いやりの和 笑顔の笑 コミュニケーションの話 地域やネットワークの輪

看護理念Policy

患者さんがその人らしく生活できるように 自立を支援します

患者さんがその人らしく生活できるように自立を支援します

院長より

今、チーム医療が問われています。チーム医療の力がより必要とされ、そしてより活かされるのが回復期リハビリテーション病棟です。 チーム医療は医師・看護師・リハビリスタッフ・コメディカルスタッフ・診療支援部など多くの職種がそれぞれの専門性を十分に発揮しお互いに尊重し力を合わせることで真価が生まれます。 チームの中で24時間患者様に寄り添いケアを行えるのは看護職だけです。看護職の重要な職責はケアであることはいうまでもありません。回復期リハビリテーションの機能を最大限に発揮する大きな支えになるのが看護職のケア力です。 当院の看護師はこのことを誇りに笑顔を絶やさず、生き生きとケアに当たってくれます。当院は卒後教育・研修制度の充実に力を入れています。 又、いろいろな認定看護師の資格取得を推奨し支援しています。 当院で思い切り自分の潜在能力を開花させ、大いに羽ばたき輝いてください。 お待ちしています。 院長 長野芳幸

看護部長代行より

八反丸リハビリテーション病院は回復期リハビリテーションに特化した病院です。 私たちはすべての看護・介護部、リハビリ部、コメディカル部を統合し、診療部として多職種が徹底したチームアプローチのもと、ADL・IADLの改善に努め、出来る限り住み慣れた地域で安心して生活できることを目標に日々頑張っています。 また、「みんなの嬉しい、良かったを追い求めます」を理念に掲げ、退院後もその人らしい生活が出来るように「回復期ケア10項目」の実践に努めています。 スタッフ教育においては、クリニカルラダーに沿った教育と、勤務年数ごとの研修会も行い、社会人・組織人としての教育にも力を入れています。 「どんな時でも、笑顔と優しさを忘れずに」を念頭において、患者さんのケアを実践する私たちと一緒に働きませんか。 意欲のある、元気な皆様を心からお待ちしております。   看護部長代行 下赤久美
トップページへ